墓イメージ

お墓を移転することのむずかしさ

現在主人・2人の息子・私の母と同居しています。
父は2人とも亡くなり主人の母は実家で一人暮らししています。
お墓は主人の実家の近くのお寺と私の父の実家の近くのお寺にそれぞれあり、両家とも同じ県内にありますが、現在の住まいからは日帰りはできない距離のところにあります。
今はほとんどの仏事を母たちに任せていますが、二人とも80歳を超えて大変になってきました。
いずれ主人の母も同居する予定で、私の母も新幹線で帰省するのが困難になってきたので、お墓をどうするかの問題がでてきました。
先祖が慣れ親しんだ郷里から移転するのは申し訳ない気持ちはありますが、先のことを思うと子供たちへの負担も心配です。
現在私達と子供たちは年に一回のお参りしかできておらず、なんとか私の母ががんばってお彼岸にお参りしています。
お墓参りができないよりも近くへ移転して、ちゃんとお参りできるほうがいいのではと家族で話し合い、なんとなく探しはじめました。
公営の墓苑の募集があり安心感もあったので申し込んでみましたが、倍率が高く当りませんでした。
今後も難しそうです。
広告が入っていたり、電話勧誘があったりはしますが、あまりに大事なことで慎重になりなかなか踏み込めません。
建て方も最近の少子化からか様子も変わってきているようで、さらに選択肢も広がり、かえって迷ってしまいます。
同じ墓石に違う苗字が二つ並んでいる・一つのお敷地二軒分建っているなど、いろんな形式があるようです。
それがどこまで仏事的に許されているのか、勝手にされていることなのか疑問なので調べます。
仏事についてもわからないことだらけで心配です。
今は甘えて母達に任せているのですが、いずれ自分たちですることになります。
お参りの仕方・お寺とのおつきあい・一番わからないのはお布施です。
今から母達に聞いておかなければと思いながら、なかなか聞きそびれています。
お墓のことや仏事に関しては友達ともよく話題にしますが風習の違いに驚きます。
あまりに違うので友達同士で話しあっても、なかなか回答がでないので困ります。
結局のところそれぞれの土地柄・お寺・家庭によるので相談するところがなく難しくみなさん困っているようです。
難しい仏事がないような方法にしたという話も最近身近で聞くようになりました。
将来的に託してみてもらう家族がいない方、子供が結婚していない方などの事情がある場合やたんに子供に負担をかけたくないなど理由はさまざまなようです。
私の母も妹から話を聞いたようで、我が家でも全く関係のない話でもなくなってきました。
長く先祖が守ってきたお墓でもあり、たぶん昔は考えられない方法だったでしょうが、今の少子化の時代ではご先祖が粗末に扱われる状態になることを避けるために敢えて前もって正しい方法での供養をしておくのも一つの方法です。
ネットで検索してみると多くのお寺のホームページに永代供養について記載されています。
よく読んでみると細かい違いもあるので実際はいくつかお寺を訪問して、しっかり説明を受けなければ専門的なことはわからない内容でした。
友達は安易に申し込んで自分たちの思いと違い困っていると聞きました。
今後時間をかけてじっくり検討していきます。

これからお墓を建てようと考えている方へ。
お墓を建てるときの注意点が詳しく載っています。
建てるのに大金がかかりますが、建ったあとも管理費などで毎年お金はかかります。
また、管理人さんがいるいないでお墓の状態も変わってきます。
年に1回くらいしかお墓参りに行けないようでしたら、管理人さんがきちんと掃除やメンテナンスをしてくれる所を選んだ方が良いでしょう。

Copyright(C) 2011 ご先祖.com All Rights Reserved.